×

CATEGORY

アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ

今日ナニ着て行こう

 

アナタのアメカジライフを応援する「アメカジ古着ファッション通販のYUエンタープライズ」です。
アメカジアイテムの詳細情報や、アメカジを上手く着こなしている方のコーデ、さらにアメカジアイテムのメンテナスなどのお役立ち記事。
一緒にアメカジファッションを楽しみましょう。

INDEX

アメカジファッション
アナタ自慢のアメカジコーデ
着こなし、コーデ術
お役立ち
アメカジ似合う音楽紹介
その他
 

アメカジ古着ファッションコーデアメカジ好き古着好き

アメカジ似合う音楽紹介

  • 件 (全件)
  • 1

WILDBUNCH2018年!山口県内最大の野外フェス!

WILDBUNCH

WILDBUNCH2018年!山口県内最大の野外フェス!

 
山口県内最大の野外フェスであるワイルドバンチ。今年も人気のアーティストがたくさん集まり盛り上がること確実です。 実は私も、開催当初から連続2回ほどワイルドバンチ続けていっていました。ここではその時の思い出し、初めて山口県に来る方も楽しんでいただけるように、注意点や、お勧めスポットなどをご紹介します。
 

ワイルドバンチ:ロケーションについて

 WILDBUNCH
 
JR阿知須駅からは歩いて約10分程度。車の場合は中国自動車道小郡ジャンクションから約30分程度で到着します。
 

ワイルドバンチ:今年は開催場所が移る!

 
通常は入り口が沢山あるのですが、ワイルドバンチ開催時には出入り口は1箇所。バンドTシャツ等の物販は多目的ドーム内、メインステージはスポーツ広場にあります。サブステージは太陽の丘、ラストは月の海にてLIVEしていました。駐車場料金は1日4,000円だった記憶があります。今年はこちら側ではなく

 
2015年スカウトジャンボリーのテントサイトにもなった「きらら自然観察公園」(道の駅側の緑地帯)になるようです。こちらはお手洗いの箇所が少ない(確か2,3ヵ所しかないような・・・)のでご注意くださいね。今年は出入り口をドーム側の一箇所にするのか、県道沿いも出入り可能にするのかはまだ確認できません。隣に移動しましたが、かなり広いので今年はのびのび出来そうです。でも、日陰になるようなところは殆ど無いので、熱中症対策はしっかりとしてくださいね。



 

ワイルドバンチ:友人達とはもちろん、家族で楽しめる野外フェス

 WILDBUNCH
ワイルド番地は二日間続けて行われ、1日目は、どちらかと言うとポップなバンドが出演し、ファミリーが多いのが特徴です。2日目はより強なバンドが出演するため音楽好きが多く集まる特徴があります。最初の開催は野外フェス、音楽フェスに慣れている人が多く、マナーや盛り上がり方もわかっている方がほとんどだったのですが、2回目以降はフェスの楽しみ方やマナーを、よくわかってない人も多かったと言う印象があります。モッシュ、ダイブをしている中で、殴った殴らないとか言う喧嘩はマジで勘弁です。あと屋台で食べたゴミをその辺に捨てるとか、マジ勘弁です。それ以外は小さいお子様を連れた家族連れなどもたくさんいて、微笑ましい本来の野外フェスと言えるのではないかと思います。
 

ワイルドバンチ:野外フェスでの服装

 WILDBUNCH
最初の開催時に比べて、2回目はスカートや、サンダルを履いて参加している方も多く見られました。遠くから純粋に音楽を聴いて楽しむ場合は良いと思うのですけど、その格好で前に来たら、そりゃ足踏まれたら痛いし、服は他の人の汗や、引っ張られたりしてボロボロになるよ。基本小さな箱でライブを聴きに行っているライブ慣れ知っている人はきれいな格好ではいきません。服は破れるのは当たり前と言う意識があります。その辺を注意した服装にしてほしいものです。特にレア度の高いバンドTシャツを着て行きたいと言う気持ちはわかりますが、おシャカにしてしまう可能性があるので注意しましょう。
 
熱中症対策に帽子やタオルは必須です。芝生面とは言え照り返しがきつく、気温も高いので水分などをこまめに補給しましょう。あまり日陰はありません。ご注意ください。
 

ワイルドバンチ:何にもないというのを楽しむ為の山口県

 WILDBUNCH
ちなみに前日から山口県の阿知須町に来る方もたくさんいらっしゃると思います。ほんとになんにもありません。JRで来られるか車で来られるかは、分かりませんが駅は基本無人駅です。PASMOやスイカなどの電子マネーを使えるところはありません。びっくりです‼️気をつけなければならないのは、公衆トイレですが、場所によってはトイレが水洗ではない場合があります。まぁいわゆる竪穴式です。そんな公衆トイレはトイレットペーパーが付属していません。知らずに入るとほっとしたのもつかの間、またまた緊急事態となるでしょう。ご注意ください。
 
街灯も少ないので夜は星が綺麗に見えます。阿知須の近くは夕日が綺麗なことでも有名です。また近くには秋穂と言う場所があり、車海老の養殖で有名なため、おいしい車海老がお値打ち価格で食べることができます。また山口県には無料のキャンプ場もたくさんありますので、ツーリングがてら来られる方もいらっしゃいます。また阿知須から車で30分程度の場所に湯田温泉と言う温泉街があります。良質な温泉で美肌効果もあります。古くからの温泉街ですので、イナバウワーをしながらビールを飲むヘンテコリンなスナックのママさんがいるのはここです!
 

ワイルドバンチ:出演アーティスト情報

 
 

WILD BUNCH FEST.さん(@wild_bunch_fest)がシェアした投稿 -


 
5月16日には出演アーティスト第2弾が発表されました。私が好きなアーティストをこの中から特集したいと思います。

 

ピックアップアーティスト①:Nulbarich(ナルバリッチ)

 
Nulbarich(ナルバリッチ)とは、シンガーソングライターJQがプロデュースするバンド。 親交の深い仲間と共に、スタイル・シチュエーションなどに応じたベストなサウンドを創り出す。ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でる。
 
70年代のSoulやFunk、80年代のAOR、そして90年代のアシッドジャズを現代にあうエッセンスを盛り込んだ音で再現するバンドで私の中では今最もアツいバンド?です。メンバーはJQ以外固定されていないので、よく分かりませんがこのバンドだけ実際にライブで聴きたい!と思っています。



 

ピックアップアーティスト②:Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)

 
通称「なんちゃらラスベガス」。このバンドが好きになったのは2014年のワイルドバンチがきっかけです。もともとメタルにチップチューンやテクノPOPの要素を詰め込んで面白い音楽をするなぁ程度の認識だったのですが、LIVEを見て劇的に変わりました!このバンドはLIVEがかっこいい!若手のバンドらしい勢いがすさまじく、迫力あるLIVE演奏でした。14年のワイルドバンチではこのバンドが1番かっこいいと思ったほど。TVアニメの主題歌に良く使われているようで、今では大物感が出ていますね。今年も勢いのあるLIVEを魅せてくれるでしょう。



 

ピックアップアーティスト③:MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)

 
通称「おおかみさん」。もう説明する必要のない人気バンド。思いっきり、クラウド・サーフィング、ダイブ&モッシュしてたのしみましょう!



 

ピックアップアーティスト④:Crossfaith(クロスフェイス)

 
実はあまりよく知らないバンドなんです・・・。ですが、Papa RoachやCrazytownなどが好きだった私には、このバンドが気になってしょうがないのです。かっこいいに違いない!と勝手に思っています。大阪で結成された5人組バンド程度の知識しかなく、このPVでイェーガーを飲んでるくらいにしか・・・



 

最後に

 
今回のワイルドバンチは開催場所が新しくなり、記念すべき第1回目になります。以前よりも多分ステージが広くなると思うので思いっきりサークルモッシュが楽しめそう。ライブを楽しむには思いっきり体を動かす方と、じっくり音楽を聴いて気分に浸りたい方と別れると思います。楽しみ方は人それぞれ。マナーを守って楽しみましょう!

2018-05-19 12:24:43

コメント(0)

折りたたむ

アメカジに合う音楽~クラブミュージック編~

 

アメカジに合う音楽~クラブミュージック編~

 
皆さんこんにちは。私はアメカジも大好きですが音楽も大好きです。なるべくアメカジファッションに合う音楽をご紹介しようと思います。今このブログを書いている時私の住んでいる山口県はあいにくの雨模様。と言うわけで、今回は雨の日に聴きたくなるクラブミュージック。しかも日本人アーティストに縛ってご紹介しましょう。
雨
 

Nujabes - The Final View

 
Nujabesは、日本のトラックメイカー。1974年生まれ。2010年2月26日に交通事故で36歳と言う若さで、この世を去ってしまいましたが、彼が作る情緒豊かなトラックは今でも多くのファンを楽しませてくれます。世代が全く同じと言うこともあり、彼の好きな音楽と、彼が作り出す新しいことに感銘を受けました。主にヒップホップのトラックメーカーですが、古いソウルやファンク、ジャズにも造詣が深く、元ネタはユセフラティーフの、スパルタカス愛のテーマ。



 

Free TEMPO - Prelude

 
freeTEMPOは、DJである半沢武志によるソロユニット。現在は、freeTEMPOでの活動は休止し、半沢武志名義で活動しています。ジャズ、ハウス、ボサノバなどジャンルにとらわれないクラブミュージックを展開。しっとりとした落ち着いた雰囲気の曲が多いのが特徴です。2003年にファーストアルバムを発表。渋谷系ミュージック好きの方に口コミで広まり、人気を博しました。



 

mabanua - talkin' to you

 
Mabanua(マバヌア)は、日本が誇る音楽プロデューサーでありながら、ドラム、キーボード、ベース、ギターなどあらゆる楽器をこなせるマルチプレイヤー。ovallのドラマーとしても活躍。2008年にはmabanuaとしてソロプロジェクトスタートしました。



 

MONDO GROSSO / ラビリンス

 
モンド・グロッソはキョートジャズマッシブの派生バンドとしてスタートしました。結成当初は大沢伸一がリーダー。メンバーはその後たくさんの入れ替わりを経て、2017年14年ぶりの新曲をリリースしました。



 

Nulbarich-NEW ERA (Official Music Video)

 
Nulbarich(ナルヴァリッチ)は、2016年に結成されたバンドです。バンド名は、null (0限りなく無の状態)but(しかし)rich(祝福、満たされている)と言う単語をつなげて合わせた造語です。基本的にはJQをリーダーとして構成されていますが、他のメンバーが固定されていません。曲調はロックやファンク、ソウルやAORといったジャンルにこだわらず、幅広く展開しています。



 

 
アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
 

2018-04-15 18:34:10

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

日本のフリーソウル・ファンク事情について

日本のフリーソウル・ファンク事情について


皆さんこんばんは。 いつもは、主に洋楽のソウルやファンクをご紹介してきましたが、今日は日本のアーティストしばりで、ソウルやファンク、レアグルーヴなどをご紹介しようと思います。私は特に国籍問わず聞くので、日本語の歌詞の場合、日本人だとわかるんですけど、インストなどの場合、ジャケットを見て、ああこの人日本人だったんだ!と気づくことが多いです。
 


 

日本のフリーソウル①宮本典子


70年代、日本にもフィリーソウルのブームがやってきます。日本で最初のR&Bディーバと言う呼び名にふさわしい宮本典子。その中でお勧めするのがこちらの曲。ソウルいうよりAORかな?1978年発表のアルバムPUSHから。
 

PUSH


収録曲
A1 Monologue
Written-By – Isao Suzuki, Shihoko Suzuki
A2 Stella By Starlight (Instrumental)
Written-By – Victor Young
A3 Everything I Have Is Yours
Written-By – Burton Lane, Harold Adamson
B1 Push
Written-By – Isao Suzuki, Noriko Miyamoto
B2 Cadillac Woman
Written-By – Isao Suzuki, Shihoko Suzuki
B3 My Life
Written-By – Atsushi Yanagi, Isao Suzuki, Kazumi Yasui


 

日本のフリーソウル②亜蘭知子


もともとは作詞家でデビュー。現在でも活躍中ですが、80年代前半から後半にかけてブレイクしたアーティストです。ジャパニーズAORの代表的なアーティストでもあります。1983年に発売されたアルバム浮遊空間から。
 

浮遊空間


収録曲
A1 Body To Body
A2 Lonely Night
A3 I'm In Love
A4 Je Re N Ma (Dilemma)
A5 Midnight Pretenders
B1 Tapestry
B2 Hannya
B3 Bye Bye Yesterday
B4 Baby, Don't You Cry Anymore


 

日本のフリーソウル③石川晶とカウント・バッファローズ


日本の有名なジャズドラマーである石川晶。スタジオミュージシャンや数々のバンドを渡り歩き、そのスリリングなドラムスタイルは現在聴いてもしびれます。晩年はアフリカで飢餓に苦しんでいる子供たちを救う活動をしていましたが、2002年に現地であるケニアで亡くなりました。今まで日本のFUNKを聴いたことが無い方に是非聴いて欲しい1枚です。
 

Get Up!

収録曲
Get Up!
Discharge
Heated Point
Painted Paradise
Stone River
Minor Jump


 

日本のフリーソウル④稲垣次郎とソウル・メディア


今からおよそ40年近く前、日本のジャズシーンでもファンクを取り入れたものが数多くあり、その代表格とも言えるのが稲垣次郎です。日本のファンクジャズを切り開いたといっても過言ではないミュージシャン。現在ではベスト盤も出ています。1975年発表のアルバムファンキースタッフから。
 

Funky Stuff

収録曲
Painted Paradise
Funky Motion
Breeze
Scratch
Funky Stuff
One For Jiro
Gentle Wave
Four Up


 

日本のフリーソウル⑤笠井紀美子


日本のジャズシンガーである笠井紀美子。現在は宝飾品ブランドのデザイナーオーナーとして活躍しています。日清がカップヌードルを販売した際に自らコマーシャルソングを歌いヒットしました。Herbie Hancockが1979年に来日した際にレコーディングしたこのアルバム。ファンクな曲からブルージーな曲までさまざまです。1979年のアルバムバタフライから
 

Butterfly

収録曲
1. アイ・ソウト・イット・ワズ・ユー
2. テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー
3. ヘッド・イン・ザ・クラウズ
4. 処女航海
5. ハーヴェスト・タイム
6. サンライト
7. バタフライ
8. アズ(永遠の誓い)

 

最後に


と言うわけで今回は日本人のアーティスト縛りでご紹介しました。ただ他にも紹介したい日本人のアーティストがたくさんいたのですが、日本アーティスト縛りだとYouTubeになかったり、規制がかかって再生できなかったりするので難しいですね。 日本でも商業的に成功したFUNKやSOULミュージシャンが少なからず存在します。ですが、途中から歌謡曲になっていく女性アーティストが多いのも事実。和田アキコも最初から好きだったSOULにしていれば良かったのになぁ。ここでご紹介したアルバムは比較的入手しやすいと思います。復刻CDが出ているものが多いので気になった方はアマゾンで探してみてください。

 
アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
 

2018-04-13 16:36:57

コメント(0)

折りたたむ

おすすめSOULMUSIC 5選!情感あふれる名曲

アメカジ音楽

おすすめSOULMUSIC 5選!情感あふれる名曲

ファッションと音楽って近い関係にあるんじゃないかと思います。 ファッションにコダワリがある人って、大抵好きな音楽にもコダワリがあって。 好きなファッションと音楽とつながりがあるってことはライフスタイルにコダワリがあるのでしょう。
ところで皆さんは音楽を聴いて、目頭が熱くなるような経験ありますか? そうそう無いんですけど、私はあります。
 

1.GOOGIE AND TOM COPPOLA/Let This River Flow

 
クーギー&トム・コッポラ「Let This River Flow」の紹介です。 Soulの名曲、名盤でしょう! クリスチャンであるこの夫婦。 ささやくようでキュート可憐な奥様グーギーのヴォーカル そして旦那さんアレンジャーでもあるトム・コッポラによる浮遊感漂うエレピのメロウな世界観。
ストリングスの演出も爽快心地いい! 理想の夫婦ってこういうのを言うのではないかと思うんですよ。 趣味が似ているとか 仕事が一緒に出来るとか そういうのも大事ですが 見ている世界観が一緒というのは羨ましい!
Paul Jackson Jr(ギター)
Michael Breeker(サックス)
Paulinho da Costa(パーカッション)
Dorothy Ashby(ハープ)
つぼを突いた腕達者たちが要所要所に配されており、アルバム全篇を通して捨て曲ナシの名曲揃いの一枚。ってかこの夫婦1作のみなんです。(1980年作品) アルバムタイトル曲である「Shine The Light Of Love」 奥様クーギーの声がなんといっても可愛い、いやはや、ノリノリである。 Special Thanksの筆頭には "The Lord Jesus" の記載が。 コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック (contemporary Christian music)と言うのは、日本人にはちょっと良く分からないけど、盆踊りの曲みたいなニュアンスかな?いや違うか!?


 

2.AliceClark/Never Did I Stop Lovin' You

 
70年代の初めのSoulアルバムの中でも名盤として語り継がれる1枚。 彼女の豊かでソウルフルな歌声は、聴く人全ての心を揺さぶるでしょう。 ジャズのセンスとブルースの魂を感じさせ、Soul/Popの伝説的な1枚となりました。 メインストリームレーベル創設者ボブシャッド。ジャズのアレンジャーでもある彼が手がけたこのアルバムは当時ジャニスジョップリンの人気が高かった為、対抗馬としてアリスクラークをプロデュースしたのではないかというのが一般的な噂?です。 これほどの歌唱力がありながら、その後の活動が無く、ミステリアスな女性。 2010年にすべての曲を網羅したLP、CDが発売されました。 そんな中から私の好きな1曲はコレ
「Never Did I Stop Lovin' You」です。
そうです、初めて聴いたときは目頭が熱くなりました。 勿論いまだにちょっとウルっときますが。 もちろん、他の曲もイイ曲揃い。 Soulが好きな一家に1枚のアルバムです。 いい音楽は、ウンチク関係ないのですよね。ここまで書いておいて今更ですが・・・。 では、じっくりと聴いてみてください。



 

3.Odyssey/Battened Ships

 
1972年 モータウン全盛期 モータウンの新設レーベル、モーウェストより幸福感を湛えたフォーキー&ファンキーなポップ~ソウルミュージック。 ジャンル関係ない大らかなで自由な曲調。この曲はジーン・ペイジがアレンジを担当。 ホーンやフルートの入り方が好きな曲。 橋本徹編集の「Freesoul」で一気に有名になったこのOdyssey。もちろんワタシもその口でして。「Our Lives Are Shaped By What We Love」もしっとりとした名曲。 これが黒人白人混成7人組グループOdysseyの唯一のアルバム。



 

4.Willie Hutch/Baby Come Home

 
Willie Hutch(ウィリー・ハッチ)は1944年ロサンゼルス生まれ。 RCAレコーズと契約後、モータウンのプロデューサー・ハルデイビスに誘われモータウンに移籍。マイケルジャクソンやスモーキーロビンソン、ミラクルズそしてマーフィンゲイらと共同で作曲、録音に携わる。ジャクソン5の“I'll Be There”などでソングライターとして名を上げたウィリー・ハッチはLA時代のモータウンに欠かせない逸材。70年代のSoul界にこの人はかかせない。2005年60歳で亡くなるのだが、彼のマネージャーは「彼ほど面倒見の良い人はいなかった」と語る。ちなみにラッパーCold187umは彼の甥にあたる。
切ない、ピアノのイントロから始まるこの曲。ウィリーの歌声も何処と無く悲しげで憂いを感じる。もう、見るからに人の良さそうな気さくな感じ。彼は気は優しくて力持ち。たぶん。
シトシト雨音が聞えるような天気の中、部屋で一人聴いていると、どっぷり浸れる。そう、私は自分大好き人間。彼の曲は甘く切ないメロディが多いのでこういう曲が好きな方は是非。そうです、ワタシはマタ~リ出来る曲が好きなのだ。



 

5.Syreeta Wright/Harmour Love

 
少し大げさに言えば、映画のように「人生にはBGM」が必要だ。 何気ない日常も「今のシーンにあうBGMはどれだろう?」と考え頭の中でBGMを流せばドラマチックになる。 只歩いているだけのシーンも、どのようなBGMをつけるかで印象がガラリと変わるように。
この曲は情緒溢れる曲。可愛い歌声。スティービーワンダーが惚れ込んだシリータ・ライト。彼女の歌声は小鳥が囀るように、優しくするっと耳に入ってくる。 スティービーワンダーと1970年に結婚、2年後離婚。離婚後も仲が良く、一緒にアルバム作成をしたりしている。彼女の曲を日常生活に取り入れ、日々のBGMにして頂きたい。 何気ない日常も、きっと愛に溢れる情景に変わることだろう。
名曲、いい曲が多すぎて紹介しきれないほど。 特に有名で、彼女の良さが出ているなぁと思う1977年アルバム「ワン・トゥ・ワン」から、この「Harmour Love」。 明るくハッピーで優しさに溢れる名曲だ。彼女かわいい歌声が如何なく発揮されており、スティービーはサビのコーラスで歌声が聴け、それがまた素晴らしいハーモーニー。



 

最後に

いかがでしたでしょうか?ソウルミュージックもたまにはいいでしょう。ここで紹介したソウルミュージックは、ソウルミュージック好きなら1度は耳にしたことがある曲ばかりです。もしあなたの周りにソウルミュージックに詳しい人がいれば、きっとこの曲の話で盛り上がると思いますよ。アメカジは、ファッションとしてだけでなく、1つの文化として、アメカジライフスタイルとしてぜひ楽しんでくださいね。

 

 
アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
 

2018-03-30 20:39:13

コメント(0)

折りたたむ

アシッドジャズおすすめ5選!

アシッドジャズおすすめ5選!

アメカジファッションに限らず、ファッションと音楽と言うのは密接な関係にあると思います。普段アメカジファッションを楽しんでいる方に、アメカジファッションに似合う音楽をご紹介します。
ACIDJAZZ 
 
アシッドジャズってなんですかと言う方に、聴きやすい曲、人気の曲をまとめました。アシッドジャズとは1,980年代にジャイルズ・ピーターソンさんが立ち上げたレーベル”アシッドジャズレコーズ”が最初と思います。ジャミロクワイのデビューシングルから始まり同じく、”トーキングラウド”からはインコグニートやガリアーノといったアシッドジャズムーブメントを代表するアーティストが次々と出てきます。ジャズのエッセンスを含みつつ、ヒップホップやハウスなどいろいろな音楽を詰め込んだ踊れるジャズとして日本でも人気を博しました。
39081c91425ba8b5a51766e30ae39ea8_s.jpg 

 
20代の頃だった。 クラブブームと言ってもイイほど色々なクラブが 出来ては消えを繰り返していた90年代終わりから 00年代初め。
音楽のジャンルで客層が全く変わるクラブ。
ちょっとワルぶった分かりやすい若造はHiphopへ。
スカシているワルに憧れている若者はテクノ・トランスへ。
不器用でもとにかくファッションだ!というファッションパンクスはライブハウスへ。
そして、仕事も遊びもバリバリこなすヤリチ●野郎はアシッドジャズへ。
コズミック・ガール
てなジャンルわけが私の中で行われていたことを 多くの人が知らないまま今日を迎えている。
ってか当たり前だけど。当時の俺、すげぇ偏見ですなぁ。
アシッドジャズは、90年代も終わり頃ジワリジワリとブームになり、ジャミロさんの「スペースカウボーイ」で人気があることを知ったという具合でした。
色々な音楽の新しいムーブメントがあった90年代末から00年代初めは、とてもエキサイティングな時代。 当時はワタクシ、Hiohopよりだったのだ。
AcidJazz(アシッドジャズ)には上記のような勝手なイメージがあり、聴いていませんでした。 ですが、付き合うことにあった彼女の影響で恐る恐るアシッドジャズの世界へ 踏み込むことになったのです。
 

■大人の為のACIDJAZZ~Samuel Purdey


 
スティーリーダンが非常に懐かしい。

 
もう2度と彼らの新しい曲は生まれないでしょう。未発表曲以外は。

 
しかしながら、彼らの遺伝子は色々な人たちに受け継がれて行くのです。

 
さて今回は「Samuel Purdey
以下引用~
サミュエル・パーディーはUKブライトンの2人組ユニット。初期ジャミロクワイのツアードラマーだったバーニー・ハーレー(ジャケット右)とギタリスト、ギャヴィン・ドッズ(ジャケット左:ジャミロクワイの1stアルバムでプレイ)によって結成された。UKでデビューシングル「Lucky Radio」がリリースされた後、制作された本アルバムは99年に日本限定でリリースされ(当時の邦題「夏のハイウェイ」)、そのクオリティの高さから感度の高い洋楽ファンの間で大きな注目を集めた。しかし彼らのその後の活動はなく、アルバムも発売レーベルの終了に伴い廃盤となり、本当に伝説と化していたが…このたびその唯一のアルバムがメンバーによるリマスタリングが施され復活。スティーリー・ダン・サウンドのクリエイターや英国名うてのプレイヤー達と作り上げたサウンドは決して色褪せることなく、未だ新鮮な輝きを放っている。今後も語りつがれていくに違いない名作を是非この機会にチェックしてみてください!本作には未発表音源を1曲追加収録。*解説:金澤寿和~

 
ゲストメンバーは
ELLIOT RANDALL: 70年代のスティーリー・ダンやジョン・レノンのバンドでもプレイしていた伝説のギタリスト

 
ELLIOT SCHEINER: スティーリー・ダンやドナルド・フェイゲンのアルバムにも参加した売れっ子プロデューサー兼エンジニア

 
FRANK FLOYD: スティーリー・ダンの 『GAUCHO』、『NIGHT FLY』 にも参加したヴォーカリスト

 
SIMON CLARKE: クラプトンやロッド・スチュワートなど数々のツアーやレコーディングに参加したフルート & サックス奏者

 
などなど名だたる実力者。

 
是非(^^)

 

 

■ねっとりまとわり付く感じが好き~Turn On, Turn In, Cop Out~

Turn on Tune in Cop Out
 
今から十年以上前なんだけど、1995年のLevi'sのCMTAXIに乗ってきた美人オネいさんが、ひげを剃りだすあのCM)で覚えている、聴いたことがあるかな?今回はACIDJAZZです。
「Turn On, Turn In, Cop Out」

Freak Power(フリーク・パワー)

現ファットボーイスリムのノーマンクック(ベース)と、アシュリー・スレーター(アナーキー・ブリティッシュ・ジャズ・ビッグ・バンド・ルース・チューブズのトロンボーン)、ヴォーカリストのジェシー・グラハム(「Bass Cadet」とも呼ばれる)によって90年代初めに設立されたバンド。
FunkやSoul、Acidjazzを組み合わせた感じの音楽。

 
この曲はスムーズなジャズサウンドとリードシンガーのアシュリー・スレーターによるバリトンというか、語りに近いけどねばっこ~い感じがイイですね。
なんか、ちょっと猥褻な感じがする語り口というか。
発売当初は、ぜんぜんヒットせず(イギリス最高29位)2年後Levi'sのCMに起用されヒットしました(イギリスシングルチャート最高2位)
タイアップって凄いんだス。


 

■AcidJazzブームを牽引したBNH

Shelter
 
さて当時オシャレで高学歴、高収入のヤリ●ン野郎が聴いていたかどうかは別として アシッドジャズレーベル全盛期の最高傑作としてもいいんじゃないかというのが この曲
Brand New Heavies (ブラン・ニュー・ヘビーズ)
You Are The Universe/アルバムShelter
 なんといってもサイーダ・ギャレットのヴォーカルが冴える!
歴代女性ヴォーカルもそれぞれカッコイイのですけど、サイーダさんが好きですね。
 Soul、FunkそしてJazzの融合というBNHらしさ。しっくりくる声。 このアルバムのみの参加でした。 
 
・来歴 1990年、Acid Jazzレコードと契約し、アルバム「Brand New Heavies」をリリース。 エンディア・ ダヴェンポートがメンバーとして加わえ、彼女をボーカルとしたファーストアルバムBrand New Heaviesの再版バージョンがリリースされた。 シングル"Dream Come True"、"Never Stop"および"Stay This Way"はヨーロッパおよびアメリカでヒットし、後にMTVのヘビーローテーションを見たDouglas Gayetonによってミュージックビデオが作られた。 
セカンドアルバムHeavy Rhyme Experience, Vol. 1は、ギャング・スターのグールーおよびファーサイドとのコラボレーションでHiphopを大胆に取り入れる。 1997年のアルバム「Shelter」ではクィンシージョーンズの秘蔵っ子サイーダ・ギャレットをボーカルに迎える。
このアルバムには、ジェームス・テイラーのヒット作であるキャロル・キング作曲の"You've Got a Friend"も含まれているが、この曲もまたUSバージョンのアルバムには含まれなかった。このアルバムにはヒットシングル"Sometimes"も含まれている。
"Sometimes"のリミックスはQ-ティップがラッパーとして参加している。 
2000年、ブラン・ニュー・ヘヴィーズはベストアルバムTrunk Funk - The Best of The Brand New Heaviesをリリースした。このアルバムでは、カーリーン・アンダーソンがいくつかの新しくレコーディングされた曲のボーカルを務めている。 
と、ざっとwikiを纏めて彼らの来歴をざっくりと。 踊りたくなるリズム
うねるベースライン
乾いてエッジのきいたギターのカッティング
そして、とろけるようでもあり、時にパンチのきいた歌声。
BNHの中ではこの曲が一番好きです。
 
 

■AcidJazz定番!Us3Cantaloop (Flip Fantasia)

Hand On The Torch [Explicit]
 
ブルーノート・レコードの音源を自由にサンプリングすることを公式に認められているUS3。「Cantaloupe Island」は、 ハービー・ハンコックが作曲したジャズ・スタンダードで、1993年に、その曲はUs3のグループの曲「 Cantaloop(Flip Fantasia) 」でサンプリングされました。本国はチャートを振るいませんでしたが、 米国で"Cantaloop(Flip Fantasia)"はBillboard Hot 100で9 位になり、グループの唯一のトップ40になりました。

 
Cantaloop (Flip Fantasia)
 


 
 

■洗練されたDon't You Worry 'Bout A Thing (HD)

Don't you worry 'bout a thing [Single-CD]

 
Incognito (インコグニート)
JP'ブルーイ'モーニックによって1981年に結成された、イギリス・ロンドン発のアシッド・ジャズバンドです。
 

 

 
 Don't You Worry 'Bout A Thing (HD)
 

The Brand New Heaviesと同じくアシッドジャズを牽引していきたインコグニート。スティービーワンダーのカバー曲であるこの曲。ソウルの要素を含みつつダンサンブルなナンバーに仕上がり日本でもヒットしてました。

新アルバムのたびに新しいメンバーが入ったり、出て行ったり。同じアルバムの中でもボーカルがほとんど違うあたり、中心人物のモーニックさん以外はゲストなんじゃねーのって思うバンドです。

バンドって言う形態じゃないのかもわかんないんですけどね。

途中からアルバムのジャケット画像も自分しか写ってなかったしね。

日本でもヒットしたこの曲をお聴き下さい。

 
 

■最後に

いかがでしたでしょうか?アラフォー世代には懐かしいアシッドジャズムーブメント。90年代後半はアメカジブームを1段落したそんな時期でした。たまにはアシッドジャズもいいですよ。


 
アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
 

2018-03-29 16:44:10

コメント(0)

折りたたむ

最近熱が入るNewJackSwing(NJS)

アメカジファッションに限らず、ファッションと音楽と言うのは密接な関係にあると思います。普段アメカジファッションを楽しんでいる方に、アメカジファッションに似合う音楽をご紹介します。
Newjackswing

最近熱が入るNewJackSwing(NJS)

NewJackSwingとは

ニュージャックスイング(NJS)とは1,980年代後半に流行した音楽のスタイルです。70年代後半のソウル、ファンクブームが一段落し80年代前半に入るとR&Bやヒップホップが台頭してきました。そんな中新人の音楽プロデューサーであった、テディライリーは、ファンクにヒップホップ的な手法を組み合わせて新たな音楽スタイルを確立します。 ブラックミュージック特有のリズムやグループを維持したまま、ポップでキャッチーなメロディーとラップの組み合わせは後のヒップホップとソウルにも影響を与えていきます。


 
最近Bruno Marsの”finesse”を聞いてニュージャックスイングが懐かしく感じたアラフォー世代も多いのではないでしょうか。と言うのも去年2017年にはニュージャックスイング誕生30周年記念で数々のイベントが行われ、注目を集めていました。最近の若い人たちには新しく感じ、アラフォー以上の世代には懐かしく感じるニュージャックスイング。ここでは昔懐かしいニュージャックスイングのオススメをご紹介していきます。
 

アツいNJS:1『Now That We Found Love ft. Aaron Hall』



 
アラフォー世代には懐かしいビートたけしの元気が出るテレビ内の人気コーナーダンス甲子園での定番曲。80年代後半のラップといえば、NWAに代表されるようにギャングスタラップが台頭してきた時代。そんな時代に10代の健全な青少年が聴ける健全なラップと言えば、Heavy D & The Boyzです。
 
 

アツいNJS:2『Here We Go Again』



 
西海岸を活動拠点とする甘い歌声の男性ソウルカルテットPortrait。ニュージャックスイングの名曲である”Here We Go Again”は、美しいコーラスワークと、ニュージャックスイングのリズムが加わり、ダンサンブルなバラードに仕上がっています。
 
 

アツいNJS:3『COME WITH ME』



 
1962年生まれのロニージョーダンは、ジャズギタリスト。まぁ私が紹介するジャズなので、多分ジャズが好きな人は聞いたことない名前と思います。ジャズファンクやアシッドジャズプレイヤーとして有名です。1993年発売のアルバムThe Quiet Revolution収録。当時はジャズの世界にも、浸透したニュージャックスイング。ニュージャックスイングのリズムに乗せる、ジョーダンのギターの音色がなんとも心地よい。友人に紹介された時は鳥肌が立ったことを覚えています。
 
 

アツいNJS:4『Motownphilly』



 
コーラスワークが綺麗なBoyz II Men。エンドオブザロードで有名な彼らですが、90年代前半には、しっかりとニュージャックスイングしてるんです。1991年のデビューシングルです。ビルボードの最高は3位と好セールス。Boyz II Menは一躍有名になりました。曲名は60年代のモータウンサウンドと70年代のフィリーソウルを組み合わせたものです。
 
 

アツいNJS:5『Every Little Step』



 
特異なキャラクターから日本でも大人気となり、ボビーブラウンのような男性をボビ男と呼ぶような流行期まで出ちゃったボビーブラウン。ボビーブラウンの二枚目のアルバム”Do not Be Cruel”に収録されシングルカットされた”Every Little Step”。ボビーブラウン初のグラミー賞受賞となる記念すべき曲でもあります。当時このプロモーションビデオで、ステップの練習をした方もたくさんいらっしゃるのではないですか?
 
 

アツいNJS:6『Right Here(Human Nature Remix)』



 
SWVの記念すべきデビューシングルである”Right Here”。正式には(Human Nature Remix)がつくとおり、マイケルジャクソンの名曲をフューチャーしています。ただ彼女たちはテディーライリーのこのリミックスがあまり好きではなかったようです。このシングルはとんでもない、セールスを記録し、彼女たちの成功を約束したような曲でした。若い頃のファレルもちょっと参加してるんですよね。
 
 

アツいNJS:7『Teddy's Jam 』



 
GUYの1988年デビューアルバムGUYに収録されているインストルメンタルです。ニュージャックスイングの生みの親であるテディ・ライリーが子供時代につるんだ友達と満を持して結成したGUY。この曲は数多くのヒップホップアーティストがサンプリングとして使用していることでも有名です。
 
 

■最後に

 
いかがでしたか?まだまだニュージャックスイングの名曲おすすめ曲はたくさんあるのですが、今日はこれくらいで。また機会があればその時にご紹介しましょう。今またニュージャックスイングに注目が集まっている事は大変うれしく思います。お父さんお母さんは、青春時代を懐かしみ、お子さんは、流行の曲を聴ける。一緒に聴けて、一緒に踊れる。すばらしいですね。
 


 
アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
 

2018-03-23 18:13:46

コメント(0)

折りたたむ

Clarence Wheeler & The Enforcers

Clarence

 

アメカジファッションに限らず、ファッションと音楽と言うのは密接な関係にあると思います。普段アメカジファッションを楽しんでいる方に、アメカジファッションに似合う音楽をご紹介します。

 

 

 
シカゴジャズ/ファンク/グルーブバンド、1970年代に活躍していたということしか分からない謎多きバンド。バンドリーダーのClarence WheelerはSAX奏者で作曲を担当。
とにかくホーンからリズムから、全てがかっこいい。ジャズに分類されると思うのですが、多分ジャズを聴くと言う人はおそらくこの曲を知りません。とにかく重厚感のあるグルーヴを生み出すバンドです。アルバム全てが素晴らしい傑作です。
 

 

 

 

 

 
 

2018-03-21 13:42:11

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

CONTENTS

CATEGORY

アメカジ古着ファッション販売YUエンタープライズ
会員募集中!
DENIMJEANSバナー
買取について PURCHASE
会員様ログイン MEMBER LOGIN
新規会員登録 REGISTRATION